泌尿器科

皮膚科

性病科

内科

整体:背骨矯正健康法

大阪府堺市堺区住吉橋町1丁5-3
072-232-1702

薬の効きにくい尿道炎

尿道炎といえば、淋病とクラミジアが代表格です。
このふたつは、以前はどんな抗生物質でもある程度の効果がありましたが、最近は、淋菌で薬剤耐性菌が目立つようになりました。薬剤耐性菌とは、薬が効かない能力を備えた菌のことです。ニューキノロン系など、ごく一般に使用されている薬に抵抗性を示すため、難治性となります。この場合は、マクロライド系の内服薬やセファム系の点滴治療を必要とします。

また尿道炎は、淋菌やクラミジア以外の菌でも発症します。
特にオーラルセックスを原因とした、呼吸器感染の菌が引き起こしている例も散見されます。この場合、原因菌が複数個のケースがあり、難治性となる場合があります。菌を同定して、薬剤を選ぶ必要があります。