泌尿器科

皮膚科

性病科

内科

整体:背骨矯正健康法

大阪府堺市堺区住吉橋町1丁5-3
072-232-1702

尿道炎

尿道炎とその治療の概要

排尿痛と尿道からの排膿を主訴とする尿道炎。

大きく分けると

  1. 淋菌性尿道炎
  2. クラミジア尿道炎
  3. 非淋菌非クラミジア尿道炎
となります。
どの尿道炎も抗生物質で治ります。しかしながら、最近、淋菌は耐性菌が多く、これまで代表的な抗生物質が効かない場合が多くみられます。この場合、点滴治療が有効です。

また、夏は意外に③非淋菌非クラミジア尿道炎が多く、大腸菌や溶連菌が原因で尿道炎を発症します。性交渉がなくても排尿痛があったりしたら、これが原因かもしません。自分は性交渉がないから大丈夫だと思い、放置しておくと腎盂腎炎や前立腺炎、副睾丸炎など大変な感染症に発展することがあるので、ご注意ください。